Welcome to my blog

From Quilt Cottage

パッチワークキルト・布小物・フォト・・・日常の中からワクワク感を見つけます。

 【一生もの のほうき】

内藤商店さんの ほうき です。
結婚前にダンナと京都でデートしたときに
買ったものです。

  

  

職人さんの丁寧なお仕事は
時を経ても、しっかりと
実用性と 美しさを兼ね備えています。


プラチナレポーターズを
させていただいているESSEの特集に
京都の伝統工芸の台所小物などを
紹介するページがあって
この内藤商店さんも 紹介されていました。

当時とまったく変わらない店構えと商品。
おもわず、○○年前にタイムスリップしてしまいました。

200年変わらない 機能美。
50年は使えるほうき だそうです。

ずっと長く 一緒に暮らしてきた道具がある。
とても、素敵なことです。
20年以上も前、
高いかな・・?と思いながらも
思い切って買った私たちに拍手 です。


     

  ランキングに参加しています。
   お時間があれば、
  どちらかクリック、お願いいたします。 <(_ _)>



↓ ESSE web プラチナレポーターズ 
  




最近、魔女づいている私ですが
「魔女の宅急便」を見た後は
子どもと一緒に
このほうきに またがって見たことがあります。
残念ながら、
魔女の血は流れていなかったようです。(笑)

関連記事

2 Comments

T・A・M・A  

一生モノ・・・

私の一生モノはたぶん鉄のフライパン。
私が子供の頃から家にあり、進学して家を出る時に母からもらい、今もまだ使っています。
たぶん死ぬまで一緒・・・・笑。
身の回りのものでたぶん一番長く一緒かも・・・

2010/06/21 (Mon) 06:37 | EDIT | REPLY |   

flax  

T・A・M・A さん

ほんと。一生ものですね!
シンプルなつくりのものは 壊れることが無いですよね。
長く愛用できるものが そばにあるって
うれしいですよね!

2010/06/23 (Wed) 17:16 | EDIT | REPLY |   

Add your comment