FC2ブログ

From Quilt Cottage

パッチワークキルト・ミシンキルト・ソーイングなど日常のハンドメイドを楽しく!

パンフレットと 映画の余韻。。。

見てきました。
「ヘブンズ・ドア」

  

余命3日と宣告された男 と少女が
残された時間をどう過ごしていくか。。。

押し付けがましい映画ではないんです。
淡々と流れていく感じなんですが
後から、何かの拍子に、
ふっと、この映画のシーンが
脳裏によみがえってきそうな・・・

昨年、同年代の知り合いの方が
私の子どもと同じくらいの子どもを残し、
相次いで、亡くなってしまって・・・
私自身が いろいろな思いを抱えていたので
見に行こうかどうか悩んでいたんですが
見に行ってよかったです。

長瀬くんが この映画のことについて、
どこかの番組で言っていた言葉・・・
「自分の人生を どう 納得できるようにしていくか・・・」

その言葉が、ずしりと 響きます。






       


   写真のランキングにも参加しています。
    お時間のあるときに、クリックお願いいたします。
関連記事

 Other

2 Comments

chocolat*  

見に行ったんですね。

私は公開前から 長瀬(呼び捨て)が
この為の曲作りをしたりしているところを見ていたので見に行きたいな・・・と思っていました。
でも未だに言ってません。
ジャニーズの中では長瀬が一番だと思ってる私なので 他の方からこんな風に長瀬の話を聞くのは初めてだったのですごく嬉しかったです。

2009/03/07 (Sat) 15:39 | EDIT | REPLY |   

flax  

chocolat* さん

NHKや情熱大陸で長瀬くんが
この映画について語っていたり、
「Knockin' on heaven's door」の曲のカバーを演奏しているのを見て
私も気になっていました。
映画監督が外国の方のためか、
いい意味で邦画らしくないっていうか、
淡々として流れていく感じです。
押し付けがましくない、いい映画だと思います。

もともとバンドが好きで
TOKIOのファンも結構長くやっています。
中でも城島さんのファンです。
バラエティの彼も好きですが
ギタリストとしての城島さんは
まるで、別人のごとく
セクシーで、かっこいいんですよ!

この話をしだしたら、止まらないので、
このあたりでやめておきますね・・(^^ゞ

2009/03/09 (Mon) 01:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment