From Quilt Cottage

パッチワークキルト・ミシンキルト・ソーイングなど日常のハンドメイドを楽しく!

愛用のシャープペンシル

もう、10年・・・
愛用しているのが、STAEDTLER (ステッドラー)という
製図メーカーが出していた、シャーペンです。
写真の黒いシャーペン(当時、一本\500)
なんですが、いまだ、現役で使っています。

   

芯は、2BとB をそれぞれ入れています。

硬い芯だと、布にひっかっかるような気がします。
これくらいやわらかい芯で、そっと、乗せるように
引いたほうが、きれいにかけます。

このシャーペンの気に入ってるところは
ちょっと、重量感があって、それが持ちやすいんです。

しかし、今は、もう、メーカーで廃番となり、
代わりのタイプがでています。

その、新しいタイプはもうひとつ、手になじまなかったので
そのときに探していて、見つけたのが、
ペンテル社の製図用シャーペン。(一番右・\500ほど)
こちらも、ちょっと重くて、いい感じに手になじみます。

たかが、シャーペンですが、気に入ったもので描くと
きちんと線が引けて、気持ちいいものですよね。




             

               ランキングに参加しています。

 
関連記事

 布小物

2 Comments

T・A・M・A  

三角スケール

私の今の仕事、三角スケールが必須の仕事です。図面を見ます。
cadで多少修正したり書いたり。
私の三角スケール、
STAEDTLERです。
こんなものはどこの会社でも出していますが。
なんかどこかで見た名前と思ったら自分の持ち物に書いてありました。
自分に馴染む道具って手放せないですよね。
ペンテルのこのシリーズもどこかにあったような・・・・。

2008/03/16 (Sun) 20:04 | REPLY |   

flax  

T・A・M・Aさん

私も結婚前、三角スケールには
お世話になりました。
住宅メーカーの設計部で事務をしていましたが、
もとより、インテリアに興味があったので、
図面の簡単な修正やCADも触らせていただいてました。
だから、今も「線」を引くのは好きなんです。(*^^)v

気に入った道具は、手放せないですね。
製図用の文具は、スタイリッシュで、ちょっと硬い雰囲気が、大好きです。

2008/03/16 (Sun) 22:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment