Welcome to my blog

From Quilt Cottage

パッチワークキルト・布小物・フォト・・・日常の中からワクワク感を見つけます。

 グラフィックデザインの街 富山と Dデザイン トラベル

先週、富山に行ってきました。
実は結婚25周年ということで
去年の春、旅行する予定だったのが
親の介護などで行けなくなってしまったままでした。
何とか、25周年中に行っておかなくては
と思い立って、3日前に予約して行ってきました。

  

北陸に新幹線が通ったら
特急サンダーバード号とかには 
もう、乗れなくなってしまうかも・・ という
チョイ鉄道マニアなダンナの要望で 北陸へ行くことに・・

でも、富山 の イメージを根底から変えてくれたのが
写真右の 富山の ガイドブック「Dデザイン トラベル」
私が尊敬するデザイナー
ナガオカ ケンメイさん プロデュースの
「デザインの目線」を持った 観光ガイドブックです。

とにかく、おしゃれ~!
ガイドブックすべてが素晴らしいデザインに溢れてます!

  

その本にある、富山にある 世界的企業 YKKの 企業広告↑
広告ページまでも グラフィックなガイドブックなんです!
(この YKK,平日なら、ファスナーの手作り体験など
 資料館、展示館も 見に行きたかったのですが・・・)

  

富山の古くからある 薬屋さん。↑
レトロ感漂う店内、薬のパッケージも 昔のデザインで・・・

このガイドブックのコンセプトが また徹底していて、
ナガオカ氏が提唱していらっしゃる
「ロングライフデザイン」の視点を持つものだけを
取り上げる というガイドブックです。
この本 すべてのページが おしゃれです。
あんまり本屋さんで見かけないのですが
もし、見かけたら、是非、ページをめくってみてくださいね。


富山 って 製紙工業が栄えて、
それに伴って印刷業が栄えて
そして、すぐれたデザインを 呼び込みようになったという
「デザイン先進県」ということを
このガイドブックで知りました。
街中を走る路面電車も 「外国みたい~」 な感じです。

昔の情緒ある町並みも残っていて
また、環水公園あたりは、北欧を思わせるようなたたずまいで
とても素敵なところでした。

  

富山近代美術館で開催中の
「Refrain リフレイン 反復の魔力」というのも
見てきました。

キルトデザインって、
まさに リフレイン ですよね~


     

   お時間があれば、
   クリックよろしくお願いいたします。


  ******************

2月は、義父のインフルエンザ、
それから、一人暮らししている娘が
引越ししたいというので、物件探しに駆け回ったり、
また、その娘も 高熱を出して寝込んで看病にあたったりと
あっという間に 過ぎてしまいました。

旅行に行く直前は わたしの疲労もピークだったんですが
ちょっと気分転換できたかな(*^。^*)

でも、帰った次の日からは
娘の引越しのお手伝い。
この時期、運送屋さんも大変なようで
準備も自分たちでするコースを選んだので
2日間のお手伝いは とっても疲れましたが
賃貸契約とかも 自分でしていく娘に
成長を見ました。

お仕事面では、いろんなことが遅れてきてます。
気合を入れて、頑張らなくては!!
関連記事

2 Comments

kagishippo  

雷鳥

今はサンダーバードって言うんですか?
30年前 雷鳥で富山の八尾(「やつお)のあるニット工場に
商品作りで良く通ってました
冬 京都からトンネル抜けるといきなり横殴りの雪景色で
川端康成の世界を実感しました〜
富山駅の裏にあるマス寿司屋さんでわざわざお土産買ってました
駅に売ってるのと味が全然違って 地元の方のオススメでした

デザインの街だったんですねえ
雪に閉ざされる冬は じっくりモノツクリが出来る
良い時間だったのでしょうかね〜

25周年 おめでとうございます
富山には良い思い出しかないです〜
お米が美味しくて 水が美味しくて お魚が最高に美味しくて
奈良で食べてたマグロはマグロじゃない!って思わされました

2014/03/09 (Sun) 09:30 | EDIT | REPLY |   

flax  

kagishippoさん

今は、車両も変わって、サンダーバード号というそうなんです。
あいにく、今年は 富山は全然雪が積もっていませんでした。。
わたしも、川端康成の世界に 浸りたかったのに・・(^_^;)

富山は魚介類がおいしいですね!!
おすし屋さんで しっかり旬のお魚、いただいてきました!
(出前、お持ち帰り、廻るすし、は食べてますが
 目の前で握ってもらうおすし屋さんに入ったのは
結婚してから、始めてかも~(笑)

その、おすし屋さんが
富山は服飾関係も盛んな土地で
その関係の方にも、ごひいきにしてもらってます、
とおっしゃってました。

> 富山駅の裏にあるマス寿司屋さんでわざわざお土産買ってました
> 駅に売ってるのと味が全然違って 地元の方のオススメでした

↑ もしかして「扇一」さんという マス寿司やさんでは??
予約して、購入したんですが、身も厚くてとても美味しかったです。

2014/03/09 (Sun) 23:09 | EDIT | REPLY |   

Add your comment