Welcome to my blog

From Quilt Cottage

パッチワークキルト・布小物・フォト・・・日常の中からワクワク感を見つけます。

 下田直子さん ハンドクラフト展

先週、京都の伊勢丹7Fで開催されている
下田直子さんのハンドクラフト展を 見てきました。

  

約350点の作品の数々・・・
どれも、丁寧な手仕事
暖かみのある、かわいらしいデザインのニットの洋服や
いろんな刺しゅうを施された 素敵なバッグやポーチ。
本当に素晴らしいです。
わたしにセンスと技術がもっとあるなら
こういうのが作ってみたい・・・
どの作品を見ても そう思います。。

50年代のアメリカの手工芸が憧れで原点だとのこと。
当時のアメリカはバザーなどで ハンドクラフトのものが
よく売れたので、かわいらしくて実用的なものが
たくさん作られたそうです。

現在も「実用品をかわいらしく・・・」という視点を
大切にされているところも 本当に尊敬しているところです。

 

↑ 写真は わたしが持っている下田直子さんの本と
購入してきたポストカード。
この作品展の図録も欲しかったんですが・・・

   *******

この日は、滋賀で一人暮らしをしている母の様子を見に行く日。
いつもなら、高速を車で走っていくのですが
あいにくこの日の天気予報は 雪。
高速運転を一人で運転するのが1年未満な私。
モチロン、大阪では、滅多に必要ないので
タイヤもふつうのタイヤ・・
やっぱり、不安・・・

ならば、 往復5時間以上はかかるけど
(なにせ、どちらも駅から遠いし、バスの本数少ないし・・)
バス、電車を乗り継いで滋賀に行こう!
で、京都で途中下車して、見る機会ができました。

思えば、わたしに 運針から、洋服のソーイング。
刺しゅう、ニット・・・を教えてくれたのは母でした。
80歳を超えた今はもう何も作らなくなりましたが
下田さんの ハンドクラフト展を見ていると
昔、母が教えてくれていた様子を 思い出しました。

こんなに面白くて楽しい手芸を
教えてくれた母に感謝です。

  **********

下田直子さん ハンドクラフト展 詳しい情報は コチラ↓

  http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/1401shimoda/


     

   お時間があれば、
   クリックよろしくお願いいたします。

欲しかった このハンドメイド展の図録はコレ↓
ネットでも買えるんだ♪
ポチッとするかどうか 悩み中です。。

関連記事

4 Comments

apricot  

こんにちは。
私も、先週、行ってきました(まだ、記事にしてませんが)。
子どもの頃から手芸全般が好きで、今はパッチワークをやってるけど、下田直子さんの作品を拝見して、いろいろ思うところがありました。

ご実家へ行かれる途中で立ち寄られたとのこと。
flaxさんもお母様から手芸を教わって、いろいろ思われることがたくさんあったでしょうね。
祖母から母へ、母から娘へ・・・ずっと受け継がれる手仕事っていいな〜と思います。

図録、展示を見る前は買うつもりじゃなかったのですが、ひとつひとつの作品がすばらしくて、それを記憶にとどめておく自信がなかったので〜(苦笑)思い切って買ってきました。
アマゾンでも買えるんですね、ちょっと驚きです。

2014/02/10 (Mon) 14:07 | EDIT | REPLY |   

Happy quilt  

あー!私も下田さんの本を同じのを持っています!それにこの本のバッグいくつも作りました。
刺繍をしたバッグもかわいいし、形もどれも好きです。
私も母から手芸を習いました。編み物、キルト、刺繍・・今度は娘に手芸の楽しさを伝えた行きたいと思っています。

2014/02/10 (Mon) 16:15 | EDIT | REPLY |   

flax  

apricotさん

apricotさんも行かれたのですね!
ほんと どれも かわいくて素敵で!!
ノスタルジックな作風から、
ちょっと昔を思い出したのかもしれません。
拝見して、改めて手芸っていいなと 思いました。

図録、欲しかったんですが
お値段が・・・
で、まだ、迷ってます(^_^;)

amazon一時的に在庫切れ となってるときがありました。
ファンの方、多いのでしょうね~
京都だけで
開催なのかどうかも わかりませんものね。。

2014/02/14 (Fri) 12:49 | EDIT | REPLY |   

flax  

Happy Quilt さん

同じ本をお持ちですか!
とってもわかりやすくて、作品数も多いし
いい本ですよね~
でも、ひとつも作っていないんです・・見てるだけで・・(^^ゞ

刺しゅうもきちんと刺せるようになりたいです。

やはり、お母様から手芸うを習われたのですね。
ウチの娘は、ビーズと ミサンガつくりと かぎ針編みは
楽しんでやりましたが、
パッチワークはあまり、好きではないようで・・
でも、刺しゅうは高校の家庭科で作ったエプロンに
自由に刺すという宿題で、とてもきれいにできて
展示していただいていました(*^。^*)

2014/02/14 (Fri) 12:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment