FC2ブログ

From Quilt Cottage

パッチワークキルト・ミシンキルト・ソーイングなど日常のハンドメイドを楽しく!

がまぐちの型紙の作り方。

がまぐちポーチで大切なのは
口金に合った型紙で作る、ということです。

我流ではありますが
ちょっと 作り方をご紹介します。



輪(わ)に折った紙の上に
がまぐちの中心をあわします。
鉛筆で輪郭を引きます。



金具をもちあげ、
カーブの一点を支点にして
角度をつけ、その線をなぞります。



左の線がもとのがまぐちの輪郭。
右の線が角度を付けてひきなおしたもの。

この角度がおおきければ
がまぐちの厚みが増します。
カーブの支点のどのあたりで
角度を変えるかでも
がまぐちの形が違ってきます。

そのあたりは、経験、カン、をもとに
試行錯誤しながら、調整しています。



金具の下の部分は
入れたいものによって
ボックス型、しもぶくれ型などお好きな形に・・
カーブをひくときは洋裁の襟ぐりなどを引く定規を
愛用しています。


こうやって型紙を作るのですが
最初に申し上げたように
がまぐちの金具に合った型紙を作ることが大切です。

今回、がまぐちポーチのレシピを製作するに当たって
型紙は2種類の金具に対応できるよう
作りました。
この二つの金具、見た目はほとんど
同じような大きさなんですが
ビーズがついた口金のほうが大きいんです。

  

写真はがまぐちの支点を合わせて写真を撮っています。
がまぐちのつまみ金具の下を合わせると
大きいがま口は金具の縦の長さが 5ミリほど長いです。

ということは、左右、前後、5ミリずつ違うことになるので
口金一周にすると、
0.5×4箇所 で 約2cm違います。

なので、合わない型紙で作ると
うまく金具にはめ込めない、
または、布のほうが小さくてはずれてしまう。。ということになります。
型紙が、大きい場合は、まだ、ギャザーを寄せて
はめ込むことが出来ますが
キルト綿をはさんだ状態では、
それは結構、難しいことです。

なので、型紙を使われるときは
かならず、指定された金具を使って
つくってくださるようお願いいたします。

・・・ ということで結局は 宣伝なんですが・・・(^^ゞ

 

レシピ、作りました。。 ¥315.です。。

カントリーキルトマーケットさんにて
委託販売していただきます。。。  <(_ _)>




       

ランキングに参加しています。
よかったらクリックよろしくお願いいたします!
関連記事

 布小物

0 Comments

Leave a comment